分野:不動産

正誤問題

 借地借家法上、定期建物賃貸借契約(定期借家契約)を締結するためには、建物の賃貸人は、あらかじめ、建物の賃借人に対し、建物の賃貸借は契約の更新がなく、期間の満了により当該建物の賃貸借は終了することについて、その旨を記載した書面を交付して説明しなければならない。

解答

○(適切)

解説

 定期借家契約は(普通借家契約と比べると)賃貸人に有利な契約のため、締結にあたっては賃貸人が賃借人に対してその旨を記載した書面を交付して説明する必要があります。

  • 借家の契約方法
    • 普通借家契約:書面でも口頭でもOK
    • 定期借家契約:契約書とは別に書面を交付して説明