分野:リスク

三択問題

 生命保険契約において、契約者(=保険料負担者)が夫、被保険者が【 ① 】、死亡保険金受取人が【 ② 】である場合、被保険者の死亡により死亡保険金受取人が受け取る死亡保険金は、相続税の課税対象となる。

  1. ①妻 ・ ②夫
  2. ①妻 ・ ②子
  3. ①夫 ・ ②子

解答

3

解説

 生命保険契約において、契約者(=保険料負担者)が夫、被保険者が「」、死亡保険金受取人が「」である場合、被保険者の死亡により死亡保険金受取人が受け取る死亡保険金は相続税の課税対象になります。

 生命保険契約において、契約者(=保険料負担者)が夫、被保険者が「妻」、死亡保険金受取人が「夫」である場合、被保険者の死亡により死亡保険金受取人が受け取る死亡保険金は所得税の課税対象になります。

 生命保険契約において、契約者(=保険料負担者)が夫、被保険者が「妻」、死亡保険金受取人が「子」である場合、被保険者の死亡により死亡保険金受取人が受け取る死亡保険金は贈与税の課税対象になります。

生命保険契約の死亡保険金
契約者
(保険料負担者)
被保険者 保険金受取人 死亡保険金
課税対象
相続税
所得税
贈与税