2022年1月試験

【過去問解説】FP3級 学科試験 2022年1月 問49(生命保険料控除)

三択問題

分野:タックス

2021年5月に加入した契約者(=保険料負担者)および被保険者を夫、死亡保険金受取人を妻とする終身保険の保険料を、2021年中に12万円支払った場合、夫に係る所得税の生命保険料控除の控除額は【?】となる。

  1. 4万円
  2. 5万円
  3. 12万円



解答

1

解説

保険料控除は、一般生命保険料控除・個人年金保険料控除・介護医療保険料控除の3つで構成されています。各控除の上限は4万円、3つ合わせた合計額の上限は12万円と定められています。

また、支払った保険料の全額が控除の対象になるわけではなく、以下の区分に応じて控除額が決まる仕組みになっています。

  • 2万円以下:支払った保険料の全額
  • 2万円超4万円以下:支払った保険料×2分の1+1万円
  • 4万円超8万円以下:支払った保険料×4分の1+2万円
  • 8万円超:4万円(上限)

本問は、問題文の「終身保険の保険料を、2021年中に12万円支払った」から、一般生命保険料控除が4万円、個人年金保険料控除・介護医療保険料控除がゼロであることが分かります。

よって、夫にかかる所得税の生命保険料控除の控除額は4万円になります。

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。