2022年1月試験

【過去問解説】FP3級 学科試験 2022年1月 問56(贈与税)

三択問題

分野:相続

贈与税の申告書は、原則として、贈与を受けた年の翌年の【 ① 】から3月15日までの間に、【 ② 】の住所地を所轄する税務署長に提出しなければならない。

  1. ①2月1日 ・ ②受贈者
  2. ①2月16日 ・ ②贈与者
  3. ①2月16日 ・ ②受贈者



解答

1

解説

贈与税の申告書は、原則として、贈与を受けた年の翌年の2月1日から3月15日までの間に、受贈者(=もらった人)の納税地の所轄税務署長に提出しなければなりません。

  • 所得税・贈与税の対象期間:1月1日~12月31日
  • 所得税の申告期間:翌2月16日~3月15日
  • 贈与税の申告期間:翌2月1日~3月15日
田口先生1
田口先生
本問は、2019年1月試験の第56問とほとんど同じ問題です!

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。