分野:相続

四択問題

 相続税の納付に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 相続税の延納を申請するに当たって、担保として提供することができる財産は、相続または遺贈により取得した財産に限られる。
  2. 相続税の納期限までに、または納付すべき日に金銭で納付することを困難とする事由があり、納付すべき相続税額が10万円を超える場合、原則として担保を提供し、所定の手続きにより、相続税の延納を申請することができる。
  3. 相続税を物納する場合における物納財産の収納価額は、原則として相続税の課税価格計算の基礎となったその財産の価額となる。
  4. 相続により取得した財産のうちに抵当権が設定されている不動産があった場合、その不動産を相続税の物納に充てることはできない。



解答

1

解説

 1.は不適切。相続人が相続前から所有している財産や、共同相続人または第三者が所有している財産であっても担保として提供することができます。

 2.は適切。延納の要件のひとつに「相続税額が10万円を超えること」があります。

 3.は適切。なお、小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例の適用を受けた相続財産を物納する場合は、特例適用後の価額が収納価額になります。

 4.は適切。抵当権が設定されている不動産は、「管理処分不適格財産」に該当するため、相続税の物納に充てることはできません。