分野:相続・事業継承

四択問題

 財産評価基本通達における宅地および農地の相続税評価に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 宅地の価額は、利用の単位となっている一画地ごとではなく、登記上の一筆ごとの単位で評価する。
  2. 倍率方式とは、宅地の固定資産税評価額に国税局長が一定の地域ごとに定めた倍率を乗じて計算した金額によって宅地の価額を評価する方式をいう。
  3. 農地の価額は、農地を純農地、中間農地、市街地周辺農地、市街地農地に区分して評価する。
  4. 市街地周辺農地の価額は、その農地が市街地農地であるとした場合の価額の100分の80に相当する金額によって評価する。



解答

1

解説

 1.は不適切。宅地の価額は、登記上の一筆ごとではなく、利用の単位となっている一画地ごとに評価します。

 2.は適切。宅地の評価方法は、「倍率方式」と「路線価方式」があります。倍率方式は、路線価が定められていない郊外地や農村部などで使われる評価方法です。

 3.は適切。農地の価額は4種類に区分して評価します。なお、純農地と中間農地は、倍率方式によって評価します。

 4.は適切。本肢はかなり細かい論点なので、「80%」という数字を覚える必要はありません。