分野:ライフ

四択問題

 厚生年金保険に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 厚生年金保険法に定める業種であって、常時5人以上の従業員を使用している個人事業所は、厚生年金保険の強制適用事業所となる。
  2. 厚生年金保険の適用事業所に常時使用される70歳以上の者で、老齢基礎年金の受給権を有する者は、厚生年金保険の被保険者とならない。
  3. 厚生年金保険の標準報酬月額は、被保険者の報酬月額に基づき区分され、62万円を上限とされている。
  4. 育児休業等をしている被保険者に係る厚生年金保険の保険料は、所定の手続きにより、被保険者負担分が免除されるが、事業主負担分は免除されない。



解答

4

解説

 1.は適切。法人事業所と(常時従業員を5人以上雇用している)個人事業所は、厚生年金保険の強制適用事業所となります。

 2.は適切。第2号被保険者に年齢要件はありませんが、老齢基礎年金の受給者になった時点で第2号被保険者の資格を失います。

 3.は適切。2016年現在、標準報酬月額は1等級(8万8千円)から31等級(62万円)までの31等級に分かれています。

 4.は不適切。育児休業中の保険料は、子が3歳になるまでの間、被保険者負担分だけでなく事業主負担分も免除されます。