分野:相続

四択問題

 下記生命保険契約A~Cにおいて、被保険者である父の死亡により、子が受け取った死亡保険金(一時金)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

問題資料
  1. 生命保険契約Aに基づき子が受け取った死亡保険金は、贈与税の課税対象となる。
  2. 生命保険契約Bに基づき子が受け取った死亡保険金は、贈与税の課税対象となる。
  3. 生命保険契約Cに基づき子が受け取った死亡保険金は、贈与税の課税対象となる。
  4. 生命保険契約A、BおよびCに基づき子が受け取った死亡保険金は、いずれも贈与税の課税対象とならない。



解答

3

解説

 1.は不適切。生命保険契約Aに基づき子が受け取った死亡保険金は、相続税の課税対象になります。

 2.は不適切。生命保険契約Bに基づき子が受け取った死亡保険金は、所得税(一時所得)の課税対象になります。

 3.は適切。子からすると、母から死亡保険金相当額を贈与された形になります。

 4.は不適切。生命保険契約Cに基づき子が受け取った死亡保険金は、贈与税の課税対象になります。