分野:相続

四択問題

 宅地および宅地の上に存する権利(定期借地権等を除く)の相続税評価額に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、評価の対象となる宅地は、借地権の取引慣行のある地域にあるものとする。

  1. アスファルト舗装した青空貸駐車場の用に供している土地の価額は、貸宅地としての価額により評価する。
  2. 借地権の価額は、「自用地評価額×借地権割合」の算式により計算した金額により評価する。
  3. 貸宅地の価額は、「自用地評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)」の算式により計算した金額により評価する。
  4. 貸家建付借地権の価額は、「(自用地評価額×借地権割合)-(自用地評価額×借家権割合×賃貸割合)」の算式により計算した金額により評価する。



解答

2

解説

 1.は不適切。アスファルト舗装した青空貸駐車場の用に供している土地の価額は、自用地としての価額により評価します。

 2.は適切

 3.は不適切。貸宅地の価額は、「自用地評価額×(1-借地権割合)」の算式により計算した金額により評価します。

 4.は不適切。貸家建付借地権の価額は、「(自用地評価額×借地権割合)-(自用地評価額×借地権割合×借家権割合×賃貸割合)」の算式により計算した金額により評価します。