2017年1月試験

FP2級 学科試験 2017年1月 問10(過去問解説)

四択問題

分野:ライフ

下記<A社の貸借対照表の抜粋>に基づき算出されるA社の安全性に関する財務比率に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、記載のない事項については考慮しないものとする。

A社の貸借対照表の抜粋
  1. 当座比率は、(売掛金120/買掛金100)×100=120%である。
  2. 当座比率は、(現金及び預金80/流動負債200)×100=40%である。
  3. 流動比率は、(製品及び商品100/買掛金100)×100=100%である。
  4. 流動比率は、(流動資産300/流動負債200)×100=150%である。



解答

4

解説

当座資産は「すぐに現金化できる資産」のことで、現金や預金だけでなく売掛金や受取手形、売買目的有価証券なども含まれます。

当座資産=現金及び預金+売掛金=80+120=200

当座比率は、当座資産を流動負債で除して求めます。酸性試験比率と呼ばれることもあります。A社の当座比率は100%です。

当座比率=(当座資産200/流動負債200)×100=100%

一方、流動比率は流動資産を流動負債で除して求めます。A社の流動比率は150%です。

流動比率=(流動資産300/流動負債200)×100=150%

FP2級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP2級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。