2017年1月試験

FP2級 学科試験 2017年1月 問11(過去問解説)

四択問題

分野:リスク

生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 低解約返戻金型終身保険の解約返戻金は、他の契約条件が同じで低解約返戻金型ではない通常の終身保険と比較して、保険料払込期間中は少ないが、保険料払込終了後は同水準になる。
  2. 収入保障保険の死亡保険金を一時金で受け取る場合の受取額は、年金形式で受け取る場合の受取総額よりも少なくなる。
  3. 外貨建て終身保険は、円換算支払特約を付加することにより、保険金等を円貨で受け取ることができ、為替リスクを回避することができる。
  4. こども(学資)保険は、保険料払込期間中に契約者が死亡し、保険料の払込みが免除となった場合であっても、契約は有効に継続し祝金や満期保険金を受け取ることができる。



解答

3

解説

1.は適切。低解約返戻金型終身保険は、一般の終身保険と比べて保険料が安く済む反面、保険料払込期間中の解約返戻金の返戻率が低く押さえられています。

  • 低解約返戻金型終身保険の特徴
  • メリット:一般の終身保険と比べて保険料が安い
  • デメリット:一般の終身保険と比べて保険料払込期間中の解約返戻金の返戻率が低い

よって、低解約返戻金型終身保険を保険料払込期間中に中途解約した場合の解約返戻金は、支払保険料以外の契約条件が同じで低解約返戻金型ではない終身保険の解約返戻金よりも少なくなります。

なお、保険料払込終了後の解約返戻金は、一般の終身保険と同水準になります。

2.は適切。年金形式で受け取る場合は受取期間中の運用分も加算されるため、一時金で受け取る場合よりも受取総額は多くなります。

3.は不適切。円換算支払特約とは、保険金等を外貨ではなく円で受け取るために付加するものです。保険金等を受け取るさいは換算基準日の為替レートにより円に換算されるため、為替リスクを回避することはできません。

4.は適切。保険料払込期間中に契約者が死亡し、保険料の払込みが免除となっても保険契約は有効に継続するため、所定のタイミングで祝金や満期保険金を受け取ることができます。

FP2級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP2級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。