2017年1月試験

FP2級 学科試験 2017年1月 問13(過去問解説)

四択問題

分野:リスク

総合福祉団体定期保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 総合福祉団体定期保険は、従業員の死亡退職だけでなく、定年退職した場合の退職金等の準備としても活用できる。
  2. 契約の締結に際しては、加入予定者の保険約款に基づく告知および被保険者になることについての同意が必要となる。
  3. 企業が負担した保険料は、その2分の1相当額を資産に計上し、残りを損金の額に算入することができる。
  4. ヒューマン・ヴァリュー特約を付加することによって、被保険者が不慮の事故により身体に傷害を受けた場合の治療費や入院費が保障される。



解答

2

解説

1.は不適切。総合福祉団体定期保険は、従業員および遺族の生活を保障するための保険です。従業員が死亡または高度障害になった場合に保険金が支払われるので、退職金等の準備として活用することはできません。

2.は適切。契約にあたって加入予定者の告知(現在の健康状態や過去の病歴などを保険会社に報告すること)と同意が必要になりますが、診査(病院での健康チェック)は不要です。

3.は不適切。企業が負担した保険料は全額を損金に算入することができます。

4.は不適切。ヒューマン・ヴァリュー特約とは、従業員が死亡または高度障害になった場合に企業が負担する諸費用(後任の育成費用など)を保障するための特約です。

FP2級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP2級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。