2017年1月試験

FP2級 学科試験 2017年1月 問46(過去問解説)

四択問題

分野:不動産

建築基準法に基づいて下記の土地に耐火建築物である住宅を建築する場合の建築面積の限度として、最も適切なものはどれか。なお、前面道路は、同法第42条第2項により特定行政庁の指定を受けた道路であり、その中心線からの水平距離2mの線が道路の境界線とみなされるものとする。また、記載のない条件については考慮しないものとする。

対象地の情報
  1. 130㎡
  2. 140㎡
  3. 145㎡
  4. 150㎡



解答

3

解説

幅員が4m未満の道路(2項道路)は、道路の中心線から2m下がったところが境界線になります。よって、対象地の1辺15mのうち0.5m(=2m-1.5m)は敷地面積の計算に含めることはできません。

建築面積=敷地面積×建ぺい率=20m×(15m-0.5m)×50%=145㎡

なお、3m市道の反対側が崖地・川などの場合は、道路の向こう側から4m下がったところが境界線になります。参考までに、以下の計算式をご確認ください。

建築面積=敷地面積×建ぺい率=20m×(15m-1m)×50%=140㎡

また、本問は建築面積の限度が問われていますが、本試験では延べ面積の限度が問われることもあります。参考までに、以下の計算式をご確認ください。

延べ面積=敷地面積×容積率=20m×(15m-0.5m)×150%=435㎡

FP2級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP2級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。