分野:不動産

四択問題

 不動産の登記に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 戸建て住宅およびその敷地の登記記録は、建物とその敷地を一体として、一の登記記録にまとめられている。
  2. 不動産の登記記録は、その不動産が所在する市町村および特別区に備えられる。
  3. だれでも、登記官に対し、手数料を納付して、登記事項証明書の交付を請求することができる。
  4. 登記の記載事項を信頼して不動産を取得した者は、記載されていた登記名義人が真実の権利者ではなかった場合でも、原則として、その不動産に対する権利が認められる。

解答

3

解説

 1.は不適切。戸建て住宅およびその敷地は、ひとつにまとめずに別々に登記します。

 2.は不適切。登記記録は法務局(登記所)に備えられます。

 3.は適切。登記事項証明書は誰でも自由に請求することができます。

 4.は不適切。登記簿に記載された内容(登記記録)に効力が生じることを公信力といいますが、不動産登記には公信力はありません。

 よって、不動産の登記記録の権利関係が真実であると信じて取引した者は、その登記記録の権利関係が真実と異なっていた場合、原則として法的な保護を受けることができません。