分野:金融

四択問題

 米国の金融・経済に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 米国の金融政策において、連邦公開市場委員会(FOMC)がフェデラル・ファンド(FF)レートの誘導目標を変更することなどにより金融調整が行われている。
  2. 米国財務省が発表している米国債国別保有残高によれば、2016年12月現在、保有残高第1位の国は日本であり、第2位はドイツである。
  3. ナスダック総合指数は、ニューヨーク証券取引所に上場している全銘柄を対象とする修正平均型の株価指数である。
  4. S&P500種株価指数は、ニューヨーク証券取引所に上場している銘柄のうち、代表的な500銘柄を対象とする修正平均型の株価指数である。



解答

1

解説

 1.は適切。FFレートは、日本のコール市場の「無担保コール翌日物レート」に相当するアメリカの代表的な短期金利です。

 2.は不適切。米国財務省が発表している米国債国別保有残高によれば、2016年12月現在、保有残高第1位は日本、第2位は中国です。

 3.は不適切。ナスダック総合指数は、ベンチャー向けの電子市場(NASDAQ)に上場している全銘柄を対象とする修正平均型の株価指数です。

 4.は不適切。S&P500種株価指数は、ニューヨーク証券取引所やNASDAQに上場している銘柄のうち、代表的な500銘柄を対象とする修正平均型の株価指数です。