分野:相続

四択問題

 遺言および遺留分に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 公正証書によって遺言をする際には、証人2人以上の立会いが必要とされる。
  2. 公正証書による遺言を撤回するための新たな遺言は、公正証書による遺言でなければならない。
  3. 被相続人の子の遺留分は、遺留分算定基礎財産の価額の2分の1相当額に法定相続分を乗じた額である。
  4. 被相続人の兄弟姉妹に遺留分は認められない。



解答

2

解説

 1.は適切。なお、「秘密証書遺言」も証人2人以上の立会いが必要とされますが、「自筆証書遺言」は証人不要です。

遺言の種類
自筆証書遺言 公正証書遺言 秘密証書遺言
証人 不要 必要(2人以上) 必要(2人以上)
検認 必要 不要 必要

 2.は不適切。公正証書による遺言を撤回するための新たな遺言は、「公正証書遺言」に限らず「自筆証書遺言」や「秘密証書遺言」でも構いません。

 3.は適切。なお、遺留分権利者が直系尊属のみの場合は、直系尊属の遺留分は、遺留分算定基礎財産の価額の3分の1相当額に法定相続分を乗じた額になります。

 4.は適切。遺留分権利者になれるのは、被相続人の配偶者・子・直系尊属(父母・祖父母)のみです。兄弟姉妹には遺留分は認められません。