2017年9月試験

FP2級 学科試験 2017年9月 問27(過去問解説)

四択問題

分野:金融

下記<資料>に基づくファンドAとファンドBの過去5年間の運用パフォーマンスの比較評価に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

問題資料

ポートフォリオの運用パフォーマンスの評価には、シャープレシオを尺度とするものがある。シャープレシオは、ポートフォリオの超過収益率を標準偏差で除して算出される。無リスク金利を1.0%として、<資料>の数値によりファンドAのシャープレシオの値を算出すると( )となる。同様に算出したファンドBのシャープレシオの値により、両ファンドの運用パフォーマンスを比較すると、過去5年間は( )の方が効率的な運用であったと判断される。

  1. (ア)2.5 ・(イ)ファンドA
  2. (ア)2.5 ・(イ)ファンドB
  3. (ア)3.1 ・(イ)ファンドA
  4. (ア)3.1 ・(イ)ファンドB



解答

3

解説

シャープレシオは投資の効率性を示す指標です。この数値が大きいほど、投資効率・パフォーマンスが良かったことを示します。計算式は以下のとおりです。

シャープレシオ=(ポートフォリオの収益率-無リスク金利)÷ポートフォリオの標準偏差

シャープレシオ=ポートフォリオの超過収益率÷ポートフォリオの標準偏差

上記の計算式の「ポートフォリオの収益率」の部分が、問題資料の「実績収益率の平均値」にあたります。また、「ポートフォリオの標準偏差」の部分が、問題資料の「実績収益率の標準偏差」にあたります。

ファンドAのシャープレシオ=(10.3%-1.0%)÷3.0%=3.1

ファンドBのシャープレシオ=(3.5%-1.0%)÷1.0%=2.5

ファンドAのシャープレシオが3.1、ファンドBのシャープレシオが2.5という計算結果から両ファンドの運用パフォーマンスを比較すると、過去5年間はファンドAのほうが効率的な運用であったと判断されます。

田口先生1
田口先生
本問は、2018年9月試験の第27問2019年1月試験の第27問とほとんど同じ問題です!

FP2級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP2級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。