分野:ライフ

四択問題

 住宅ローンの借換えを検討しているAさんが、仮に下記<資料>のとおり住宅ローンの借換えをした場合の総返済額(借換え費用を含む)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

問題資料
  1. 完済までに636,098円の負担増加となる。
  2. 完済までに436,098円の負担増加となる。
  3. 完済までに436,098円の負担減少となる。
  4. 完済までに636,098円の負担減少となる。



解答

3

解説

 負担額の差額は「現在返済中のローンをそのまま返済した場合」と「ローンを借り換えて返済した場合」に分けて考えましょう。

現在返済中のローンをそのまま返済した場合

 問題文の「残存期間:11年」「返済額:毎年1,013,508円」から、総返済額を計算しましょう。

総返済額=11年×@1,013,508円=11,148,588円

ローンを借り換えて返済した場合

 問題文の「残存期間:10年」「返済額:毎年1,051,249円」「借換え費用:20万円」から、総返済額を計算しましょう。

総返済額=10年×@1,051,249円+200,000円=10,712,490円

 上記の計算により、現在返済中のローンをそのまま返済した場合の総返済額が11,148,588円、ローンを借り換えて返済した場合の総返済額が10,712,490円であることが分かりました。

 よって、差額の436,098円(=11,148,588円-10,712,490円)だけ、借り換えたほうが負担が少なくなります。

管理人

本問は、2016年9月試験の第8問と選択肢以外は全く同じ問題です!