分野:リスク

四択問題

 任意加入の自動車保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、記載のない特約については考慮しないものとする。

  1. 対人賠償保険では、被保険自動車を運転中に対人事故を起こした被保険者が法律上の損害賠償責任を負った場合、自動車損害賠償責任保険等の支払われるべき額を除いた額が保険金の支払い対象となる。
  2. 対物賠償保険では、被保険者が被保険自動車を運転中に同居の父の所有する自動車に接触した場合、壊れた父の自動車の損害は、保険金の支払い対象とならない。
  3. 人身傷害補償保険では、被保険者が被保険自動車の事故により死傷し損害を被った場合、過失相殺による減額をせずに、約款の定めに基づいて計算された損害額が保険金の支払い対象となる。
  4. 車両保険では、特約を付帯しなくても、被保険自動車が地震・噴火またはこれらによる津波により損害を被った場合、保険金の支払い対象となる。



解答

4

解説

 1.は適切。対人賠償保険は、自動車事故で他人を死傷させたことにより、法律上の損害賠償責任を負う場合に備えて加入する保険です。万が一のさいに、自賠責保険でカバーできない超過分が保険会社から支払われます。

 2.は適切。対物賠償保険は、自動車事故で他人のモノに損害を与えたことにより、法律上の損害賠償責任を負う場合に備えて加入する保険です。

 社会通念上、家族間で損害賠償を求めることはないと考えられるため、上記の「他人」には配偶者や子、両親などの家族は含まれません(※対人賠償保険も同様)。よって、同居する父の自動車の損害は保険金の支払い対象になりません。

 3.は適切。人身傷害補償保険は、対象者が死傷した場合に自分の過失割合にかかわらず実際の損失額が支払われる保険です。加害者との示談解決を待たずに保険金が支払われるのが大きな特徴です。

 4.は不適切。車両保険は、火災・台風・洪水などによる損害は保険金支払いの対象になりますが、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする損害は保険金の支払い対象になりません。

管理人

本問は、2017年9月試験の第17問とほとんど同じ問題です!