2018年5月試験

FP2級 学科試験 2018年5月 問22(過去問解説)

四択問題

分野:金融

上場投資信託(ETF)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 東京証券取引所に上場されているETFには、日本株のほか、外国株やREIT(不動産投資信託)などの指標に連動する銘柄もある。
  2. 証券取引所を通じて行うETFの取引では、成行注文や指値注文はできるが、信用取引を行うことはできない。
  3. 通常の場合、上場株式の売買と同様に、購入時と売却時それぞれに手数料が必要である。
  4. 分配金を受け取るためには、ETFの決算日(権利確定日)において所有者になっている必要がある。



解答

2

解説

ETFは「Exchange Traded Funds」の略語で、特定の指数に連動するように設計・運用されている投資信託です。

1.は適切。外国株やREITだけでなく、金や原油などの商品指標に連動する銘柄もあります。

2.は不適切。ETFやJ-REITは、上場株式と同様に証券取引所を通じて取引され、成行・指値による注文や信用取引も可能です。

3.は適切。売買手数料の他に、運用管理費用(信託報酬)も徴収されます。

  • ETFのコスト
  • 購入時:委託手数料(売買手数料)
  • 保有時:信託報酬
  • 売却時:委託手数料(売買手数料)
  • 投資信託のコスト
  • 購入時:販売手数料
  • 保有時:信託報酬
  • 売却時:信託財産留保額、換金手数料など

4.は適切。ETFの分配金は、決算日にETFを所有している者に支払われます。なお、決算日は各ETFによって異なります。

FP2級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP2級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。