2018年5月試験

FP2級 学科試験 2018年5月 問55(過去問解説)

四択問題

分野:相続

下記<親族関係図>において、Aさんの相続が開始した場合の相続税の計算における「遺産にかかる基礎控除額」として、最も適切なものはどれか。なお、EさんおよびFさんは、AさんおよびBさんの普通養子(特別養子縁組以外の縁組による養子)である。

親族関係図
  1. 30,000千円
  2. 48,000千円
  3. 54,000千円
  4. 60,000千円



解答

3

解説

遺産にかかる基礎控除額の計算式は「3,000万円+600万円×法定相続人の数」です。相続を放棄した人がいる場合は、放棄がなかったものと仮定して法定相続人の数を計算します。

また、養子がいる場合、被相続人に実子がいる場合は1人まで、実子がいない場合は2人まで法定相続人の数に算入することができます。

本問の法定相続人は、配偶者Bさん・実子Cさん・実子Dさん・養子Eさんまたは養子Fさん(→実子がいる場合は養子は1人までOK)の計4人です。上記の計算式に当てはめて遺産にかかる基礎控除額を計算しましょう。

基礎控除額=3,000万円+600万円×4人=5,400万円(54,000千円)

田口先生1
田口先生
本問は、2016年5月試験の第56問とほとんど同じ問題です!

FP2級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP2級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。