分野:ライフ

四択問題

 ファイナンシャル・プランナー(以下「FP」という)の顧客に対する行為に関する次の記述のうち、職業倫理や関連法規に照らし、最も不適切なものはどれか。

  1. FPのAさんは、顧客から外貨定期預金の運用に関する相談を受け、為替レートが変動した場合のリスクについて説明した。
  2. FPのBさんは、顧客から上場投資信託(ETF)に関する相談を受け、商品の概要を説明したうえで、元本保証がないことを説明した。
  3. FPのCさんは、賃貸アパートの建設に関する相談を受け、顧客から預かったデベロッパーの事業計画書を、顧客の同意を得ることなく、紹介予定の銀行の担当者に融資の検討資料として渡した。
  4. FPのDさんは、顧客から公正証書遺言の作成時の証人になることを要請され、証人としての欠格事由に該当しないことを確認したうえで、適正な対価を受けて証人になった。



解答

3

解説

 1.と2.は適切。為替レートが変動した場合のリスクや上場投資信託(ETF)の概要の説明など、金融商品の一般的な解説を行うことは可能です。

 なお、FPが顧客と投資顧問契約を締結する場合は、予め金融商品取引業の登録を受ける必要があります。

 3.は不適切。FPが守るべき職業的原則には「顧客利益の優先」と「秘密保持」があり、本肢は、後者の「秘密保持」に反する行為です。銀行の担当者に顧客から預かった情報を伝えるさいには、事前に顧客の許可を得る必要があります。

 4.は適切。証人の資格には制限がない(=欠格事由に該当しなければ誰でもなれる)ため、FPが公正証書遺言の作成時の証人になることも可能です。