2019年1月試験

FP2級 学科試験 2019年1月 問9(過去問解説)

四択問題

分野:ライフ

住宅ローンの借換えを検討しているAさんが、仮に下記<資料>のとおり住宅ローンの借換えをした場合の総返済額(借換え費用を含む)に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる数値または語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

なお、返済は年1回であるものとし、計算に当たっては下記<係数>を使用すること。また、記載のない条件については考慮しないものとする。

資料

現在返済中の住宅ローンの年間返済額は「1,000万円×( )」で求められ、借換え予定の住宅ローンの年間返済額は「1,000万円×( )」で求められる。従って、住宅ローンの借換えをした場合の総返済額(借換え費用を含む)は、完済までに( )する。

  1. (ア)0.0913 ・(イ)0.1056 ・(ウ)163万円増加
  2. (ア)0.0913 ・(イ)0.0956 ・(ウ) 63万円増加
  3. (ア)0.1113 ・(イ)0.1056 ・(ウ) 37万円減少
  4. (ア)0.1113 ・(イ)0.0956 ・(ウ)137万円減少



解答

3

解説

資本回収係数は、現時点の一定金額を一定期間で取り崩した場合の毎年の受取額を求めるさいに使う係数です。計算にあたっては、現時点の一定金額がベースになります。

一方、減債基金係数は、一定期間経過後に一定金額を用意するために必要な毎年の積立額を求めるさいに使う係数です。計算にあたっては、一定期間経過後の一定金額がベースになります。

住宅ローンの年間返済額を計算する場合、現時点の一定金額(借入残高)を徐々に取り崩していく形になるため資本回収係数を使います。

  • 現在返済中の住宅ローンの年間返済額:10,000,000円×0.1113=1,113,000円
  • 借換え予定の住宅ローンの年間返済額:10,000,000円×0.1056=1,056,000円
  • 現在返済中の住宅ローンの総返済額:1,113,000円×10年=11,130,000円
  • 借換え予定の住宅ローンの総返済額:1,056,000円×10年+200,000円=10,760,000円
  • 総返済額の差額(返済軽減額):10,760,000円-11,130,000円=▲370,000円

よって、現在返済中の住宅ローンの年間返済額は「1,000万円×0.1113」で求められ、借換え予定の住宅ローンの年間返済額は「1,000万円×0.1056」で求められます。

また、住宅ローンの借換えをした場合の総返済額(借換え費用を含む)は、完済までに37万円減少します。

田口先生1
田口先生
本問は、2020年1月試験の第8問とほとんど同じ問題です!

FP2級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP2級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。