分野:ライフ

四択問題

 Aさんが、下記<資料>に基づき、住宅ローンの借換えを行った場合、借換え後10年間の返済軽減額の計算式として、最も適切なものはどれか。なお、返済は年1回であるものとし、計算に当たっては下記<係数>を使用すること。また、記載のない条件については考慮しないものとする。

資料
  1. (1,500万円×0.1056×10年)-1,500万円
  2. (1,500万円×0.1113×10年)-(1,500万円×0.0956×10年)
  3. (1,500万円×0.1113×10年)-(1,500万円×0.1056×10年)
  4. (1,500万円×0.0913×10年)-(1,500万円×0.0956×10年)

解答

3

解説

 資本回収係数は、現時点の一定金額を一定期間で取り崩した場合の毎年の受取額を求めるさいに使う係数です。計算にあたっては、現時点の一定金額がベースになります。

 一方、減債基金係数は、一定期間経過後に一定金額を用意するために必要な毎年の積立額を求めるさいに使う係数です。計算にあたっては、一定期間経過後の一定金額がベースになります。

 住宅ローンの年間返済額を計算する場合、現時点の一定金額(借入残高)を徐々に取り崩していく形になるため資本回収係数を使います。

  • 現在返済中の住宅ローンの年間返済額:15,000,000円×0.1113=1,669,500円
  • 借換え予定の住宅ローンの年間返済額:15,000,000円×0.1056=1,584,000円
  • 現在返済中の住宅ローンの総返済額:1,669,500円×10年=16,695,000円
  • 借換え予定の住宅ローンの総返済額:1,584,000円×10年=15,840,000円
    • 返済軽減額:16,695,000円-15,840,000円=855,000円

 よって、現在返済中の住宅ローンの10年間の総返済額は「1,500万円×0.1113×10年」、借換え後の住宅ローンの10年間の総返済額は「1,500万円×0.1056×10年間」という計算式で表すことができるため、返済軽減額の計算式は以下のような形になります。

返済軽減額の計算式=現在返済中のローンの総返済額-借換え後のローンの総返済額

返済軽減額の計算式=(1,500万円×0.1113×10年)-(1,500万円×0.1056×10年)

管理人

本問は、2019年1月試験の第9問とほとんど同じ問題です!