分野:リスク

四択問題

 第三分野の保険や医療特約の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 先進医療特約の対象となる先進医療は、給付時点ではなく保険契約時点で厚生労働大臣により定められたものとされている。
  2. 特定疾病保障定期保険は、保険期間中、特定疾病保障保険金の支払事由が発生せずに、被保険者が死亡した場合、死亡保険金が支払われる。
  3. ガン保険では、ガンによる入院により被保険者が受け取る入院給付金については、支払日数の上限はない。
  4. 医療保険では、人間ドックで異常が認められて医師の指示で治療を目的とする精密検査のために入院した場合、入院給付金が支払われる。



解答

1

解説

 1.は不適切。先進医療特約の対象となる先進医療は、先進医療を受けた時(=給付時)に厚生労働大臣が承認しているものです。

 よって、保険契約時に承認されていなかった先進医療でも、先進医療を受ける時までに承認されていれば先進医療特約の対象になります。

 逆に、保険契約時に承認されていた先進医療でも、先進医療を受ける時に指定から外れていた場合は先進医療特約の対象になりません。

 2.は適切。なお、特定(三大)疾病保障定期保険は、特定疾病保険金が支払われた時点で契約が終了します。

 3.は適切。ガン保険の入院給付金は、入院初日から日数無制限で支払われます。なお、一般的な医療保険では、1回の入院での支払日数制限や保険期間を通じて累計した支払日数制限が定められています。

 4.は適切。健康管理を目的とした人間ドックで入院する場合、治療を直接の目的としていないため入院給付金は支払われません。

 ただし、人間ドックで異常が見つかり、医師の指示で精密検査のために入院する場合は、治療を目的とした入院になるため所定の入院給付金が支払われます。