分野:金融

四択問題

 投資信託に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 契約型投資信託は、運用会社と信託銀行等が信託契約を結ぶことにより組成される投資信託であり、会社型投資信託は、投資を目的とする法人を設立することによって組成される投資信託(投資法人)である。
  2. 公募投資信託は、不特定多数の投資家に取得させることを目的とした投資信託であり、私募投資信託は、機関投資家などの特定または少数の投資家に取得させることを目的とした投資信託である。
  3. 単位型投資信託は、投資信託が運用されている期間中いつでも購入できる投資信託であり、追加型投資信託は、当初募集期間にのみ購入できる投資信託である。
  4. アクティブ型投資信託は、目標となるベンチマークを上回る運用成果を目指して運用される投資信託であり、パッシブ型投資信託は、目標となるベンチマークに連動する運用成果を目指して運用される投資信託である。



解答

3

解説

 1.は適切。J-REIT(不動産投資信託)はすべて会社型投資信託に分類されます。

 2.は適切。金融機関等で一般投資家向けに販売されている投資信託のほとんどは、公募投資信託に分類されます。

 3.は不適切。説明がです。追加型投資信託は投資信託が運用されている期間中いつでも購入できますが、単位型投資信託は募集期間中に限って購入できます。

 4.は適切。アクティブ型投資信託は投資スタイルにより「グロース型」「バリュー型」「トップダウン・アプローチ」「ボトムアップ・アプローチ」などに分類することができます。