分野:金融

四択問題

 上場投資信託(ETF)の一般的な特徴に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 東京証券取引所には、日本株式、外国株式、債券、REIT等の指数や指標に連動するETFが上場されている。
  2. ETFは、売買の際に上場株式と同様に売買委託手数料がかかるが、非上場の投資信託とは異なり、運用管理費用(信託報酬)は徴収されない。
  3. ETFの分配金には、普通分配金と元本払戻金(特別分配金)とがあり、税務上、普通分配金は課税対象となり、元本払戻金(特別分配金)は非課税となる。
  4. TOPIXインバース指数に連動するETFは、TOPIXの前営業日に対する変動率の2倍となるように計算された指数に連動するように運用されている。



解答

1

解説

 1.は適切。ETFは「Exchange Traded Funds」の略語で、特定の指数に連動するように設計・運用されている投資信託です。

 指数の種類は豊富で、TOPIXや日経平均株価だけでなく、金・原油・各種原料(小麦・とうもろこし・大豆)などに連動するものもあります。

 なお、全てのETFは金融商品取引所に上場しているため、一般の株式と同じように売買することができます。

 2.は不適切。ETFも非上場の投資信託と同様に、運用管理費用(信託報酬)が徴収されます。

 3.は不適切。ETFの分配金に対する課税は、一般の株式の配当金に準じて処理されるため、投資信託のような個別元本方式による課税は行われません。

 よって、分配金を普通分配金と元本払戻金(特別分配金)に区別することなく、その全額が課税の対象になります。

 4.は不適切。レバレッジ型指標に連動するETFは、原指標に連動するETFに一定の倍数(1.5倍や2倍)を乗じた変動率になるように計算された指数に連動するETFです。

 一方、インバース型指標に連動するETFは、原指標に連動するETFに一定の負の倍数(▲1.5倍や▲2倍)を乗じた変動率になるように計算された指数に連動するETFです。

 例えば、原指標に連動するETFが10%変動した場合、「レバレッジ型(2倍)」は20%(=10%×2倍)変動し、「インバース型(2倍)」は▲20%(=10%×▲2倍)変動します。

 本肢の「TOPIXの前営業日に対する変動率の2倍となるように計算された指数」は、TOPIXインバース指数ではなくTOPIXレバレッジ指数の説明です。