2021年5月試験

FP2級 学科試験 2021年5月 問31(過去問解説)

四択問題

分野:タックス

所得税の課税所得に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 給与所得者が受け取った健康保険の傷病手当金は、給与所得として所得税の課税対象となる。
  2. 給与所得者が受け取った雇用保険の高年齢雇用継続基本給付金は、給与所得として所得税の課税対象となる。
  3. 年金受給者が受け取った老齢基礎年金は、雑所得として所得税の課税対象となる。
  4. 火災保険の契約者(=保険料負担者かつ家屋の所有者)である個人が、火災により家屋が焼失したことで受け取った保険金は、一時所得として所得税の課税対象となる。



解答

3

解説

1.と2.と4.は不適切。傷病手当金や(賃金の低下をカバーする)高年齢雇用継続基本給付金、火災保険の保険金は、いずれも「損失の補填(=マイナスを減らす)」に該当するため、原則として非課税になります。

3.は適切。年金受給者が受け取った老齢基礎年金は「公的年金等の雑所得」に分類され、雑所得として所得税の課税対象になります。

FP2級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP2級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。