分野:ライフ

四択問題

 ファイナンシャル・プランナーがライフプランニングに当たって作成する各種の表の一般的な作成方法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 個人の資産や負債の状況を表すバランスシートの作成において、株式等の金融資産や不動産の価額は、作成時点の時価ではなく、取得時点の価額で計上する。
  2. ライフイベントごとの予算額は現在価値で見積もり、キャッシュフロー表の作成においてはその価額を将来価値で計上する。
  3. キャッシュフロー表の作成において、住宅ローンの返済額は、金融機関から交付された毎月の返済額が記載された返済予定表に基づき計上する。
  4. キャッシュフロー表の作成において、可処分所得は、「実収入-非消費支出(直接税、社会保険料など)」の算式で計算された金額を計上する。

解答

1

解説

 1.は不適切。バランスシートとは、現時点における資産と負債の状況を確認するための表です。資産および負債は作成時点の時価で評価します。

 なお、生命保険には時価がないため、時価の代わりに解約返戻金相当額(=今解約したら戻ってくるお金)で評価します。

 2.は適切。将来価値は、現在価値に変動率(昇給率や物価変動率)を乗じて計算します。

 例えば、1年後に車を買い換えを予定していて、現在の価値で見積もった予算額が300万円の場合、キャッシュフロー表に計上するのは300万円ではなく物価変動率を乗じた金額になります。

キャッシュフロー表に計上する金額=300万円×(1+物価変動率)

 3.は適切。住宅ローンの返済額は、金利のタイプ(固定金利型・変動金利型・固定金利選択型など)や返済方法(元利均等返済方式・元金均等返済方式)などによって決まるため、金融機関から交付された毎月の返済額が記載された返済予定表に基づき計上します。

 4.は適切。可処分所得は、簡単に言うと「自由に使えるお金」です。年間の実収入から直接税(所得税や住民税など)・社会保険料を差し引いて金額を求めます。

可処分所得=年間の実収入-(所得税+住民税+社会保険料)