2022年1月試験

FP2級 学科試験 2022年1月 問20(過去問解説)

四択問題

分野:リスク

損害保険を利用した事業活動のリスク管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 建設業を営む事業者が、従業員の労災事故に備えるため、労働者災害補償保険(政府労災保険)の上乗せとして、労働災害総合保険に加入することを検討している。
  2. 遊園地を運営する事業者が、遊戯施設の管理不備による事故によって、顧客に対して法律上の損害賠償責任を負うリスクに備えるため、施設所有(管理)者賠償責任保険に加入することを検討している。
  3. レストランを営む事業者が、食中毒を発生させ、顧客に対して法律上の損害賠償責任を負うリスクに備えるため、生産物賠償責任保険(PL保険)に加入することを検討している。
  4. 日用雑貨店を営む事業者が、地震リスクに備えるため、店舗併用住宅の建物内に保管している商品を保険の対象として、火災保険に付帯して地震保険に加入することを検討している。



解答

4

解説

1.は適切。労働災害総合保険は、法定外補償保険(政府労災保険の上乗せ給付目的)と使用者賠償責任保険(賠償責任の補償目的)の2つで構成されています。

2.は適切。施設所有(管理)者賠償責任保険は、管理する施設内における様々な事故により発生する損害賠償責任に備えて加入する保険です。

3.は適切。生産物賠償責任保険(PL保険)は、製造・販売した製品や提供したサービスにより他人に損害を与えた場合に、その他人に対する損害賠償責任に備えて加入する保険です。

4.は不適切。地震保険の補償対象は居住用建物(住居のみに使用される建物および併用住宅)および家財(生活用動産)に限定されています。よって、店舗併用住宅の建物内に保管している商品は補償対象外です。

FP2級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP2級 過去問解説

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。