2022年1月試験

FP2級 学科試験 2022年1月 問25(過去問解説)

四択問題

分野:金融

国内上場株式の配当金の受取方法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、本問においては、NISA(少額投資非課税制度)により投資収益が非課税となる口座をNISA口座という。

  1. 配当金領収証方式は、発行会社から郵送される配当金領収証を、指定された受取金融機関に持参して配当金を受け取る方法である。
  2. 登録配当金受領口座方式を選択する場合、ゆうちょ銀行の口座を受取口座に指定することはできない。
  3. 同一銘柄を複数の証券会社の口座で保有する場合、配当金の受取方法として、登録配当金受領口座方式または株式数比例配分方式を証券会社の口座ごとに選択することができる。
  4. NISA口座で保有する上場株式の配当金を非課税扱いにするためには、配当金の受取方法として、株式数比例配分方式を選択しなければならない。



解答

3

解説

1.は適切。配当金の受取方法は、株式数比例配分方式・登録配当金受領口座方式・配当金領収証方式・個別銘柄指定方式の4種類があります。

  • 株式数比例配分方式:証券口座に入金される方法
  • 登録配当金受領口座方式:銀行口座に入金される方法
  • 配当金領収証方式:配当金領収証を郵便局等で換金する方法
  • 個別銘柄指定方式:銘柄ごとにどうやって受け取るか決める方法

2.は適切。登録配当金受領口座方式は、あらかじめ指定した銀行等(※ゆうちょ銀行を除く)の預金口座ですべての配当金を一括して受領する方式です。

3.は不適切。配当金の受取方法として登録配当金受領口座方式または株式数比例配分方式を選択した場合、すべての配当金が指定した方式で支払われます。

よって、証券会社の口座ごとに配当金の受取方法を選択することはできません。

4.は適切。NISA口座で保有する上場株式の配当金を非課税扱いにするためには、配当金の受取方法として株式数比例配分方式を選択する必要があります。

FP2級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP2級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。