分野:ライフ

正誤問題

 労働者の業務上の負傷または疾病が治癒し、身体に一定の障害が残り、その障害の程度が労働者災害補償保険法で規定する障害等級に該当する場合は、所定の手続により、当該労働者に障害補償給付が支給される。




解答

◯(適切)

解説

 障害補償給付は、ケガや病気が治ったあと、障害が残った場合に支給されます。

 障害等級は後遺障害のレベルに応じて14段階(第1級~第14級)あり、障害が残っている期間1年につき「給付基礎日額の●日分」という形で支給されます。