2017年1月試験

FP3級 学科試験 2017年1月 問11(過去問解説)

正誤問題

分野:金融

一般に、流通市場で取引されている固定利付債券では、市中金利の上昇に伴い、債券価格が上昇する。




解答

×(不適切)

解説

債券には信用リスク・価格変動リスク・為替変動リスク・流動性リスク・カントリーリスクなどがあります。本問は、価格変動リスクに関する問題です。

市中金利が上昇すると、(金利が低い時に購入した)固定利付債券を売って他の有利な金融商品に乗り換える人が増えるため、市場では債券が売られて債券価格は下落します。

市中金利↑ → 債券価格↓ → 債券利回り↑

逆に、市中金利が下落すると、保有している金融商品を売って(金利が高い時に発行された)固定利付債券に乗り換える人が増えるため、市場では債券が買われて債券価格は上昇します。

市中金利↓ → 債券価格↑ → 債券利回り↓

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。