2017年1月試験

FP3級 学科試験 2017年1月 問53(過去問解説)

三択問題

分野:不動産

都市計画区域内にある幅員4m未満の道で、特定行政庁の指定により建築基準法上の道路とみなされるもの(いわゆる2項道路)については、原則として、その中心線からの水平距離で【?】後退した線がその道路の境界線とみなされる。

  1. 1.5m
  2. 2.0m
  3. 2.5m



解答

2

解説

都市計画区域内にある幅員4m未満の道で、建築基準法第42条第2項により道路とみなされるものを「2項道路」といいます。

2項道路は原則として、その中心線からの水平距離で2m後退した線がその道路の境界線とみなされます。

なお、道路の反対側が崖や川になっている場合は、反対側から4m(=2m×2)下がったラインがその道路の境界線とみなされます。

田口先生1
田口先生
本問は、2017年9月試験の第52問2021年1月試験の第52問とほとんど同じ問題です!

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。