2017年1月試験

FP3級 学科試験 2017年1月 問54(過去問解説)

三択問題

分野:不動産

「居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例」(軽減税率の特例)の適用を受けることができる場合、その所得税額(復興特別所得税を含まない)は下記の表のとおり計算される。なお、他の所得や所得控除等は考慮しないものとする。

居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例
  1. ①5% ・ ②10%
  2. ①10% ・ ②15%
  3. ①15% ・ ②20%



解答

2

解説

「居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例」を受けた場合、譲渡益部分にかかる所得税に関して軽減税率が適用されます。

具体的には…6,000万円までの部分には所得税10%6,000万円超の部分には所得税15%が課税されます。

本特例はFP3級の頻出論点のひとつなので、金額・税率・要件などをきちんと押さえておきましょう。

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。