分野:相続

三択問題

 贈与税の配偶者控除は、婚姻期間が【 ① 】以上である配偶者から居住用不動産の贈与または居住用不動産を取得するための金銭の贈与を受け、一定の要件を満たす場合、贈与税の課税価格から贈与税の基礎控除額とは別に【 ② 】を限度として控除できるものである。

  1. ①10年 ・ ②1,000万円
  2. ①20年 ・ ②1,000万円
  3. ①20年 ・ ②2,000万円

解答

3

解説

 婚姻期間が20年以上である配偶者から居住用不動産の贈与または居住用不動産を取得するための金銭の贈与があった場合、贈与税の基礎控除110万円とは別に2,000万円までの控除を受けることができます。

 相続税にも配偶者に対する税額軽減措置がありますが、そちらは婚姻期間の制約はありません。両者を混同しないように気をつけましょう。