2017年1月試験

FP3級 学科試験 2017年1月 問59(過去問解説)

三択問題

分野:相続

2017年1月20日に死亡したAさんが所有していた上場株式Xを相続により取得した場合の1株あたりの相続税評価額は、下記の〈資料〉によれば、【?】である。

〈資料〉上場株式Xの価格
2016年11月の毎日の最終価格の平均額 3,100円
2016年12月の毎日の最終価格の平均額 3,000円
2017年1月の毎日の最終価格の平均額 3,100円
2017年1月20日の最終価格 3,200円
  1. 3,000円
  2. 3,100円
  3. 3,200円



解答

1

解説

上場株式の評価額は、以下の4つのうち最も低い金額になります。

  • 課税時期の最終価格
  • 課税時期の月の毎日の最終価格の平均額
  • 課税時期の月の前月の毎日の最終価格の平均額
  • 課税時期の月の前々月の毎日の最終価格の平均額

これを本問にあてはめてみましょう。

  • 課税時期(2017年1月20日)の最終価格:3,200円
  • 課税時期の月(2017年1月)の毎日の最終価格の平均額:3,100円
  • 課税時期の月の前月(2016年12月)の毎日の最終価格の平均額:3,000円
  • 課税時期の月の前々月(2016年11月)の毎日の最終価格の平均額:3,100円

本問の場合、課税時期の月の前月(2016年12月)の毎日の最終価格の平均額が最も低い金額になるため、3,000円が相続税評価額になります。

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。