分野:タックス

正誤問題

 所得税において、その年中の給与等の収入金額が65万円以下である場合、給与所得の金額は0(ゼロ)となる。




解答

◯(適切)

解説

 給与所得は、給与等の収入金額から給与所得控除額を差し引いて求めます。

 給与等の収入金額が180万円以下の場合、給与所得控除の金額は「収入金額×40%」で計算しますが、計算した結果が65万円に満たない場合は65万円になります。

 よって、本問のように給与等の収入金額が65万円以下である場合、給与所得の金額は0(ゼロ)になります。