分野:相続

三択問題

 貸家の用に供されている家屋の相続税評価額は、【?】の算式により算出される。

  1. 家屋の固定資産税評価額 ×(1-借家権割合×賃貸割合)
  2. 家屋の固定資産税評価額 ×(1-借地権割合×賃貸割合)
  3. 家屋の固定資産税評価額 ×(1-借家権割合×借地権割合)



解答

1

解説

 アパート等の貸家の用に供されている家屋の相続税評価額は、その家屋の固定資産税評価額に借家権割合賃貸割合を乗じた価額を、その家屋の固定資産税評価額から控除して評価します。

貸家の評価額=家屋の固定資産税評価額×(1-借家権割合×賃貸割合)

管理人

本問は、2016年5月試験の第57問2018年9月試験の第60問とほとんど同じ問題です!