分野:タックスプランニング

正誤問題

 給与所得者のうち、その年分の給与等の収入金額が2,000万円を超える者は、所得税の確定申告をしなければならない。




解答

○(適切)

解説

 給与等の収入金額が2,000万円を超えると年末調整が行われないため、所得税の確定申告が必要になります。

 なお、給与等の収入金額が2,000万円を超えていなくても、給与所得・退職所得以外の所得金額が20万円を超えている場合などは、確定申告が必要になります。