2018年1月試験

FP3級 学科試験 2018年1月 問56(過去問解説)

三択問題

分野:相続

贈与税の配偶者控除の適用を受ける場合、暦年課税の適用を受けている受贈者がその年に贈与税の申告で課税価格から控除することができる金額は、基礎控除額も含めて最高【?】である。

  1. 1,110万円
  2. 2,000万円
  3. 2,110万円



解答

3

解説

贈与税の配偶者控除(最高2,000万円)は、基礎控除(110万円)と併用可能です。

よって、暦年課税の適用を受けている受贈者がその年に贈与税の申告で課税価格から控除することができる金額は、最高2,110万円(=2,000万円+110万円)までです。

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。