分野:リスク

正誤問題

 医療保険では、退院後に入院給付金を受け取り、その退院日の翌日から1年経過後に前回と同一の疾病により再入院した場合、入院給付金支払日数は前回の入院日数と合算され、1入院当たりの給付日数制限の適用を受ける。




解答

×(不適切)

解説

 退院後に入院給付金を受け取り、その退院日の翌日から180日を超えたあとに前回と同一の疾病により再入院した場合は、1回の入院と数えられない(=新たな入院として取り扱われる)ため、1入院あたりの給付日数制限の適用を受けません。

 本問のケースは、前回と同一の疾病により再入院していますが、退院日の翌日から1年が経過しているため新たな入院として取り扱われます。よって、入院給付金支払日数は前回の入院日数とは合算されず、また、1入院あたりの給付日数制限の適用も受けません。