2018年5月試験

FP3級 学科試験 2018年5月 問57(過去問解説)

三択問題

分野:相続

直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税の適用を受けるためには、受贈者は、贈与を受けた【 ① 】において20歳以上であり、贈与を受けた年分の所得税にかかる合計所得金額が【 ② 】でなければならない。

  1. ①日の属する年の1月1日 ・ ②2,000万円以下
  2. ①日 ・ ②2,000万円以下
  3. ①日の属する年の1月1日 ・ ②3,000万円以下



解答

1

解説

直系尊属(父母や祖父母など)から住宅取得等資金の贈与を受けた場合、贈与税の非課税の適用を受けるための主な要件は以下のとおりです。

  • 贈与を受けた時に贈与者の直系卑属(子や孫など)であること。
  • 贈与を受けた日の属する年の1月1日において20歳以上であること。
  • 贈与を受けた年分の所得税にかかる合計所得金額が2,000万円以下であること。
田口先生1
田口先生
本問は、2019年5月試験の第57問とほとんど同じ問題です!

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。