2018年5月試験

FP3級 学科試験 2018年5月 問9(過去問解説)

正誤問題

分野:リスク

損害保険の保険料は純保険料と付加保険料で構成されており、このうち純保険料は、保険会社が支払う保険金の原資となる。




解答

○(適切)

解説

保険料は、「純保険料」と「付加保険料」で構成されています。さらに、純保険料は「死亡保険料」と「生存保険料」の2つに分類することができます。

  • 生命保険の保険料
  • 純保険料(→保険金の支払いにあてられる
  • 死亡保険料(→死亡保険金の支払いにあてられる)
  • 生存保険料(→生存保険金の支払いにあてられる)
  • 付加保険料(→保険会社が事業を続けるために使われる)

なお、純保険料の「死亡保険料」と「生存保険料」は予定死亡率および予定利率を元に計算され、付加保険料は予定事業費率を元に計算されます。

  • 予定死亡率:過去の統計データにもとづいて算定した死亡率
  • 予定利率:保険料として集めたお金の期待運用利回り
  • 予定事業費率:保険会社の運営に必要な諸経費

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。