分野:不動産

正誤問題

 借地借家法では、借地権設定契約を締結する場合の存続期間は、堅固建物では30年以上、非堅固建物では20年以上とされている。




解答

×(不適切)

解説

 借地権の存続期間については、堅固建物・非堅固建物の種別に関係なく、30年を超えて定めた場合はその期間、30年以下で定めた場合や期間を定めなかった場合は30年になります。

 つまり、どのように決めたとしても契約の存続期間は最低30年以上になります。

  • 50年と定めた場合:50年(※30年を超えて定めた場合はその期間)
  • 20年と定めた場合:30年(※30年以下で定めた場合は30年)
  • 期間を定めなかった場合:30年(※期間を定めなかった場合は30年)