分野:タックス

三択問題

 所得税の確定申告をしなければならない者は、原則として、所得が生じた年の翌年の【 ① 】から【 ② 】までの間に、納税地の所轄税務署長に対して確定申告書を提出しなければならない。

  1. ①2月1日 ・ ②3月31日
  2. ①2月16日 ・ ②3月15日
  3. ①2月16日 ・ ②3月31日



解答

2

解説

 所得税の確定申告をしなければならない者は、所得が生じた年の翌年の2月16日から3月15日までの間に、納税地の所轄税務署長に対して確定申告書を提出しなければなりません。

  • 所得税・贈与税の対象期間:1月1日~12月31日
    • 所得税の申告期間:翌2月16日~3月15日
    • 贈与税の申告期間:翌2月1日~3月15日