2018年5月試験

FP3級 学科試験 2018年5月 問27(過去問解説)

正誤問題

分野:相続

被相続人に配偶者がなく、遺族が被相続人の子と母の計2人である場合、その相続にかかる子の法定相続分は3分の2、母の法定相続分は3分の1である。




解答

×(不適切)

解説

被相続人の配偶者は常に相続人になります。配偶者以外の人は、以下の順序で配偶者と一緒に相続人になります。

  • 第1順位:被相続人の子供
  • 第2順位:被相続人の直系尊属(※第1順位の人がいない場合のみ)
  • 第3順位:被相続人の兄弟姉妹(※第1順位・第2順位の人がいない場合のみ)

本問の場合、遺族2人のうち、被相続人の「子」は第1順位、被相続人の「母」は第2順位になるため、被相続人の「子」のみが相続人になります。被相続人の「母」は相続人になることはできません(=法定相続分はゼロ)。

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。