2018年5月試験

FP3級 学科試験 2018年5月 問31(過去問解説)

三択問題

分野:ライフ

元金2,000万円を、利率(年率)1%で複利運用しながら10年にわたって毎年均等に取り崩して受け取る場合、毎年の受取金額は、下記〈資料〉の係数を使用して算出すると【?】となる。

資料
  1. 2,000,000円
  2. 2,112,000円
  3. 2,209,200円



解答

2

解説

資金計画を立てるさいの6つの係数(終価係数・現価係数・年金終価係数・年金現価係数・減債基金係数・資本回収係数)の計算問題です。

まず、問題資料で与えられている3つの係数をおさらいしましょう。

  • 終価係数:現時点の一定金額を複利で運用した場合の「一定期間経過後の金額」を求めるさいに使う係数
  • 減債基金係数:一定期間経過後に一定金額を用意するために必要な「毎年の積立額」を求めるさいに使う係数
  • 資本回収係数:現時点の一定金額を一定期間で取り崩した場合の「毎年の受取額」を求めるさいに使う係数

本問は、問題文の「利率(年率)1%で複利運用しながら10年にわたって毎年均等に取り崩して受け取る場合、毎年の受取金額」から、資本回収係数を使うと判断します。

2,000万円×0.1056=2,112,000円

6つの係数を使った計算問題はFP3級試験の頻出論点です。完ぺきに使いこなせるように準備しておきましょう。

田口先生1
田口先生
本問は、2019年9月試験の第31問とほとんど同じ問題です!

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。