分野:リスク

三択問題

 生命保険の保険料の払込みが困難になった場合等で契約を有効に継続するための方法のうち、【?】は、保険料の払込みを中止して、その時点での解約返戻金相当額をもとに、保険金額を変えないで、一時払いの定期保険に切り換えるものをいう。

  1. 払済保険
  2. 継続保険
  3. 延長保険



解答

3

解説

 保険料の払込みを中止する場合、その時点での解約返戻金相当額をもとに、「払済保険」または「延長保険」に切り替えることができます。

  • 払済保険:保険料の払込みを中止し、その時点での解約返戻金をもとに、元の契約の保険期間を変えずに、元の主契約と同じ種類の保険に変更する→保険金額は元の契約よりも少なくなる。
  • 延長保険:保険料の払込みを中止し、その時点での解約返戻金をもとに、元の契約の保険金額を変えずに、元の主契約と同じ種類の保険に変更する→保険期間は元の契約よりも短くなる

 よって、生命保険の保険料の払込みが困難になった場合等で契約を有効に継続するための方法のうち、延長保険は、保険料の払込みを中止して、その時点での解約返戻金相当額をもとに、保険金額を変えないで、一時払いの定期保険に切り換えるものをいいます。

払済保険
払済保険

延長保険
延長保険

 なお、主契約に付帯されていた特約については、「払済保険」または「延長保険」のどちらに切り替えた場合でも消滅します(※一部例外あり)。