2018年5月試験

FP3級 学科試験 2018年5月 問56(過去問解説)

三択問題

分野:相続

贈与契約における財産の取得時期は、原則として、書面による贈与の場合は【 ① 】、書面によらない贈与の場合は【 ② 】とされる。

  1. ①贈与契約の効力が発生した時 ・ ②贈与の履行があった時
  2. ①贈与の履行があった時 ・ ②贈与の意思表示をした時
  3. ①贈与契約の効力が発生した時 ・ ②贈与の意思表示をした時



解答

1

解説

贈与による財産の取得の時期は、原則として以下のように定められています。

  • 口頭による贈与:贈与の履行があった時
  • 書面による贈与:贈与契約の効力が発生した時
  • 停止条件付贈与:その条件が成就した時
  • 農地等の贈与:農地法の規定による許可又は届出の効力が生じた時

よって、贈与契約における財産の取得時期は、原則として、書面による贈与の場合は贈与契約の効力が発生した時、書面によらない贈与(=口頭による贈与)の場合は贈与の履行があった時になります。

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。